水筒の重要性

マイ水筒が当たり前になった背景

十数年前まで水筒は遠足やキャンプなど特別なイベントの時に使用するものとしての存在感があったものです。しかし最近は日常の必需品度してマイ水筒を持ち歩く人が増えています。ごみを出さないためのエコの観点や熱中症対策などそれぞれに使用するシチュエーションは違いますが水筒を持って歩いている人がいても不思議に思う人はいないはずです。マイ水筒が当たり前になってからは水筒を販売しているメーカーの方でもいろいろなタイプのものを販売しています。冷たいものは冷たく熱いものは熱いままでということは変わりませんが、飲み口が広いタイプのものや持ち歩きに便利な軽量タイプのものなど利用者が望むものを多く取り揃えるようになっています。

日本中で急成長した産業

水筒を扱うショップなどに行くと所狭しと用途に合わせたいろいろなタイプのものが取り揃えられています。価格帯も数百円から数千円と手軽に購入できるようになっています、ペットボトルのように使い終わってもごみにはならず何度も使えるというのが最大のメリットですが毎回きちんと洗浄を行わないと殺菌が発生するので毎日の管理が必要になります。管理が簡単に済む水筒が発売されたとしたらさらに需要が伸びる可能性があります。子供から高齢者まで年齢を問わずに水筒の需要は増え続けています。一人に一つというのが当たり前になり機能だけではなくデザイン的にも優れたものが販売されています。日本国内で需要が伸びだ産業の一つと言えます。